你好!台中 ~ にいはお!たいちゅう ~留学記

70まじか、ものずきシニアの台湾台中留学生活

イタリア人同学

f:id:nihaotaichung:20190320174737j:plain

※教室の中。もうすぐ老師 (☜先生のこと) が来ます。ほとんどの学生は開始時刻数分前からの滑り込み入室。

  さて今日は、同班同学(クラスメート)の一人を紹介します。

 

 朝、私が教室に入ると、私は一番であったり、ニ人目であったりします。

  二人目の時の一番は、イタリア人同学の〇〇と決まっています。見ると、彼はいつも電気をつけず、ややうす暗い中、うしろの席で自習しています。(☜まるで部屋の隅の暗がりから突然登場する、カフカの小説の人物のようです。そうは言っても、彼には怪しいところはありませんが。)

 「なぜ電気をつけないのか?」と聞くと、「電気の光(蛍光灯)は眼に良くないので」と言います。そうかもしれませんが、私にとっては暗いので、「つけてもいいか」と聞くと、「いいよ」と答えます。そこで私は、壁のスイッチをつけます。

 

 今朝、私が教室の後ろから画像に使う写真を撮っていて、彼と話を始めました。

 彼はイタリア、ヴェローナの近くの出身だといいます。

 「シェークスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台だ。」

 なるほど。さすがにイタリアです。自分の出身地に、シェークスピアの名前を持ち出してこれるなんて。一発で覚えられます。 (☜えっ!?   シェークスピアって誰かって? …あのね、そういう人は、私のブログを読まなくてもいいです。)

 ヴェローナには、地下墓地もあるそうです。ジェノバフィレンツェ……彼がイタリアのまちの名前を次々とあげるので、私からは、最近は日本人がバスに乗ってイタリアの都市巡りをするツアーがある、と話しました。

 と、そこまでは覚えているのですが、どういうわけか中途からは、もっぱら彼の好きな日本のアニメの話にずるずると引き込まれてしまいました。

 彼のお気に入りは日本の70年代、80年代からのストーリーアニメで、いつのまにか小型のPAD型端末を持ち出し、次々と動画を見せてくれます。北斗の拳タイガーマスクうる星やつらルパン三世マジンガーゼット、デビルマン…etc(☜まだまだあったけれども、あとはタイトルが思い出せず、忘れてしまいました)。すべてイタリアのテレビで放映されたもので、テーマソングももちろんイタリア語(☜聞いていると、妙な感じがしてきます。「何かが違う…」ような、「これでもいいか…」のような…)。彼は、うる星やつらラムちゃんが特にお気に入りのようでした。

 ……もう、とまりません。

 そこでハッと気がつくと、もうすぐ授業が始まる時間です!

 

 今日はこれだけ。